素材ごとに異なる方法

最初に油慣らしという行為をすると、フライパンや鍋の耐久性が高まります。 大事にフライパンや鍋を使いたいなら、必ず行ってください。 また料理が終わって洗う時のメンテナンスも、他の素材と少し異なっています。 きちんと、正しいメンテナンス方法を守ってください。

アルミニウムが使われている

軽くて扱いやすい部分が好まれて、アルミニウムのフライパンや鍋が登場しています。 メンテナンスをする際は、優しく扱うことが基本です。 少しでも力を入れたり、タワシなどを使ったりすると傷がつきます。 それではメンテナンスの意味がないので、スポンジを使いましょう。

メンテナンスが簡単

内面加工素材のフライパンや鍋は、洗いやすいのがメリットです。 メンテナンスに手間をかけたくない人は、この素材を選択しましょう。 ですが料理中に使う調理器具に、少し注意しなければいけません。 金属製の調理器具だと、フライパンや鍋を傷つける可能性があります。

油慣らしをしておこう

鉄の鍋やフライパンを使う場合は、最初に油慣らしを行ってください。
この行為をすると、耐久性が高まり長持ちさせられると言われています。
熱したフライパンや鍋に油を入れて、全体になじませるだけなので簡単です。
普段から洗う時は、洗剤を使わないでタワシで焦げを除去するのが正しい方法です。
また鉄が錆びることに不安を抱いている人がいますが、錆びも自分で除去できます。
錆びが気になってきたら、中性洗剤などを使って対応しましょう。

熱伝導が良いので、アルミニウムが使われているフライパンや鍋を持っている人が増えています。
その場合は、使用後に中性洗剤で洗うのが正しいメンテナンス方法だと覚えておきましょう。
さらに素材にアルミニウムが使われているフライパンや鍋は、アルマイト加工がされているか確認してください。
アルマイト加工がされているフライパンや鍋の場合は、傷を付けないよう優しく洗うことを意識しましょう。
そこで、柔らかいスポンジを使うのがおすすめです。

内面加工という素材もあります。
この素材は汚れが落ちやすい部分がメリットで、使っている人が多いでしょう。
基本的なメンテナンスは、アルミニウム素材のフライパンや鍋と同じで構いません。
しかし普段から、金属製のヘラを使わないように注意しましょう。
金属製のヘラは固いので、使っているとフライパンや鍋を傷つけてしまう危険性があります。
また常に強火を使っていると、劣化しやすくなります。

TOPへ