この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

アルミニウムが使われている

傷つけないように洗おう

熱伝導が良くすばやく料理ができるので、アルミニウム素材のフライパンや鍋が重宝していると思います。
メンテナンスをする際は、使い終わったらすぐ中性洗剤で洗ってください。
他の素材に比べて、アルミニウムは非常に柔らかい素材だと覚えておきましょう。
ですから、金属製のタワシを使ってはいけません。
固いタワシを使ったり、力を入れて擦ったりすると傷ついて使用できなくなってしまいます。

また傷がたくさんついたり、変形してきたりしたと思ったら思い切って買い替えることをおすすめします。
そのような状態は材質が薄くなっており、無理に使用を続けると穴が開いたり破損したりするので気を付けてください。
料理中に、フライパンや鍋が壊れたら大変です。

特殊な加工がされている

素材にアルミニウムが使われているフライパンや鍋の中には、アルマイト加工されている製品があります。
その場合は、アルマイトを傷つけないように柔らかいスポンジを使って洗ってください。
クレンザーを使うと、すぐに傷つくので避けましょう。
そして使い終わっていきなり洗うのではなく、お湯や水に浸すのが正しい方法です。
すると素材が柔らかくなり、柔らかいスポンジでも汚れを落とせます。

アルマイト加工されていないフライパンや鍋は、クレンザーを使っても構いません。
ただそれは、アルミニウムが焦げ付いた場合だけ行いましょう。
アルミニウムの黒ずみや焦げ付きを放置すると、そこから腐食する危険性があります。
気づいたら、早めに対処しましょう。


TOPへ