この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

メンテナンスが簡単

家事の負担を削減しよう

食材がこびりつきにくいというメリットを持っているのが、内面加工素材のフライパンや鍋です。
使った後は中性洗剤を使って、柔らかいスポンジで表面を軽く擦れば簡単に汚れが落ちます。
メンテナンスの手間を削減できる面もメリットで、面倒なことが苦手な人に向きます。
忙しくて、家事の負担を減らしたい人も内面加工素材を選択しましょう。

注意してほしいのは、種類によっては表面加工をしていない裏や円周部分、持ち手などの部分が錆びることです。
それでもサンドペーパーで軽く擦れば錆を取り除けるので、今後も問題なく使用できます。
いつ錆に気づいても対処できるよう、サンドペーパーを常備しておくと良いですね。
気になったら、すぐ擦りましょう。

熱に弱い素材

金属製のヘラが使えると記載されている内面加工素材のフライパンや鍋でも、なるべく使うのを避けてください。
代わりに木製や、耐熱樹脂製のヘラを使うと良いですね。
金属製のヘラだと、そこを傷つける可能性があります。
また熱にそれほど強くないので空焚きをしたり、長い時間強火を使ったりすることも控えましょう。

食材が焦げ付きやすくなったり、焦げ付く場所と焦げ付かない場所が現れたりした場合は、フッ素が劣化している可能性が高いです。
その頃になったら快適に料理ができないので、買い替えてください。
内面加工素材のフライパンや鍋は、熱源に近い部分から劣化していくと言われています。
普段から熱源から遠ざけて使うと、長持ちしやすいです。


TOPへ